TKCのFinTechサービス

会社概要

事務所名税理士法人 カインズ
所在地大阪府豊中市中桜塚4-9-38ユタカマンション1階
  アクセスマップ  
電話番号06-6856-0424
FAX番号06-6856-2087
業務内容

■各種税務に関する業務
■経理・会計・決算に関する業務
■経営相談に関する業務
■相続に関する相談
■独立、開業支援に関する         業務

<営業時間> 9:00~17:00
<休業日> 土・日・祝日

事務所紹介

≪経営方針≫「信頼と納得の税務」

所長挨拶

個人や企業を取り巻く経済、社会環境が刻々変化を続け混沌とした現在の21世紀。これまでにない多くのリスクが待ち受けています。
リスクには災害はもちろん経営上の法務・労務・財務等の経営リスク、政治・経済・社会リスクなど多様になってきております。
このリスクを克服し、企業等が大きく飛躍・発展するチャンスを生かすためには、変化の流れを的確に読み、敏速に対応できる柔軟にして革新的・戦略的な経営が求められています。
そのためには黒字化を図っていくことが最優先です。
私たちは節税アドバイスのみならず、経営黒字化のための提案を行っていきます。皆様の積極的なご活用とご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

代表社員・税理士 北秋 勝己

イメージ画像

所長経歴

【主な略歴】
昭和29年 豊中市出身
関西大学経済学部卒業。一般企業、会計事務所勤務を経て、昭和62年税理士事務所を開業。
平成20年より税理士法人カインズに組織変更、現在に至る。
・元TKC全国会リスクマネジメント委員会 委員長
・元TKC近畿大阪会 会長

【講演実績】
池田泉州銀行、りそな銀行、関西アーバン銀行、京都銀行、積水ハウス、東京海上日動、ニッセイ同和火災、
その他、葬儀社、全国司法書士女性会など。

<個人向けセミナー実績>
不動産保有会社設立の節税方法/農地の生産緑地と納税猶予選択の留意点/賢い生前贈与対策/
毎年の税制改正の留意点/これからのマイホーム購入 これだけは知っておきたい「消費税増税」と「住宅税制」

<法人向けセミナー実績>

中小企業に向けた「経営革新セミナー」(毎年秋期開催)/中小企業に向けた「事業継続計画(BCP)の策定セ
ミナー」/中小企業や税理士に向けた「情報漏洩防止セミナー」

主な受託内容

《法 人》
●赤字経営が続き、資金繰りが圧迫する建築会社の60代社長を銀行より紹介され相談を受ける。顧問契約をすること により継続的な指導を開始。半年の間は毎月2、3回訪問し、会社の業績を熟知することに努める。改善点を浮き彫りにして社長の経営を指導。その後、資金繰りも改善し、翌年には黒字経営に転じる。
●当社主催の24年度経営革新セミナーに、銀行と一緒に来られた車輌部品販売業の60代社長から、経営改善計画策定の依頼を受け、銀行に提出。
●身内に事業承継者がいない菓子製造業の60代経営者が、相談に来所。当社の提携先である日本M&Aセンターと連携し、同業種の上場企業への事業譲渡を提案。円満に事業承継を実現。
●従業員30名の某会社の社長が死亡。当社提案の生命保険の適用により、遺族へ退職金が入り、会社が存続。 (同年に従業員60名の別企業でも同様のケースでリスク回避に成功、会社が存続)

《個 人》
●マンション経営の80歳男性が亡くなられ、長男が顧問税理士に依頼し、相続税の申告をしたが、不安なため銀行を通じて相談に来所。当社で確認したところ、約5千万円の税額が半分以下になり、還付金を受けられた。
●60代男性(農家)が相続対策セミナーへご参加。個人所有の土地へ新たに設立した法人が所有するマンションを建てることを提案。2時間程度の打ち合わせを5回重ね、節税と納税資金、遺産分割の対策を実現。
●土地建物を多数所有の方が、その土地を畑や駐車場として利用されていた。相続税のシミュレーションをしたところ、多額の税金が必要と判明。マンション建設を提案し、土地活用内容を変更することにより節税対策を実現。
●70代の女性が亡くなられた際に、当社のホームページを見られたご長男が相談に来所。サラリーマンのため土曜日の夕方に限定して繰り返し対応。長女、次男との遺産の分割方法を、すべての相続人が納得される内容で提案し、円満に分割を実現。

事務所の外観と所内

  事務所外観

静かな住宅街の中のマンション1Fです。
来客用の駐車場がありますので、お車でもお越し頂けます。

事務所外観

  玄関・受付

お客様の個人情報漏洩防止を配慮し、受付と事務室スペースをパーティションにより区切っています。

玄関・受付

  応接室

3つの応接室を設置。
お客様に安心してご相談いただけるような雰囲気作りを心がけています。

応接室

  事務執務室

狭いながらも、パーティションで区切りを設け、デスクワークがはかどる快適な環境作りを意識し、常に整理整頓に努めています。

事務執務室